FC2ブログ

Entries

子供二人のお菓子。

インターでは、何かというとお菓子をくれる。

誰かの誕生日にその子の親から配られたり、
イースターの日に卵形のチョコをもらったり、
ハロウィンやクリスマスに学校から詰め合わせが配られたりする。

あとは何もないときに
「タクシードライバーがくれた」
とか
「一緒のタクシーに乗ったお友達がくれた」
などなど・・・。


『食べ物を学校に持ってきてはいけません』
というのが常識の日本の小学校と比べるとえらい違いだ。


(チョコはあんまりあげたくないなぁ)
(合成着色料入りのお菓子は食べてほしくないなぁ)

という親の密かな願いは全く無視してくれるんだけど、
それはまあいいとして、

このお菓子

姉弟でもらう量はほぼ同じなのに、
二人のストックの量が違いすぎる。



ムスコはもらうとすぐ食べるので、ストックがほぼない。
早いときには帰りのタクシーで食べ尽くし、
私もお菓子があったことに気づかない・・・(これはよくない)

逆にムスメはひたすら取っておく。
机の上にお菓子袋があって、もらうたびに中身は増えるがほとんど減らない。
たまに母がチェックして、賞味期限が切れそうなものを見つけて忠告するとやっと食べる。

何この姉弟の両極端の違い・・・



で、違うだけならまあいいんだけど、
ムスコはこんな調子なので、旅行で長く電車に乗るときとかに
たまにダンナに飴を買ってもらったりする。

それを見ると、ムスメは
「るんるんだけずるーい」
と文句を言う。

いやそうなんだけどさ、
でもあなたは賞味期限切れそうな飴が山ほどあるでしょ?
先にそっちを食べないと。

「でもるんるんも同じだけもらってる!先に食べちゃっただけ!」

いや、そうなんだけどさ・・・
でもここでアナタに買ってもどうせまた貯めこむだけでしょ?
意味ないじゃん・・・

「ずるい!!」

平等とは何かよく分からなくなってきたこのごろです。
Lv8-39-2.jpg

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児ブログ・ランキング親ばかブログ・ランキングに参加中です。

スポンサーサイト



Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

ビール

Author:ビール
2011年に二児の母になりました。
ビール大好きドラクエ大好き。
最近はちょっと虫も好き。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ